未分類

風に舞う天女


帯に刺繍された天女を生かした押し絵です。日本刺繍は糸が細くて繊細です。幾重にも刺してあり重量感がありながら、柔らかいです。ひと昔前の着物は刺繍が主でした。着物に質感と重量感を感じ羽織ると背筋が伸びたものです。あれだけの刺繍を生地は負けていないしっかりとした織りだったのですね。日本の着物の技はすごくですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください